VRコース

VRコースを新設しました!
「第2期」の受講生 受付中!

期間: 
2019年4月15日(月)から5月10日(金)
までの平日の12日間

 【受講対象者】
  テックスタジアム「Unityコース」修了者、
  もしくは同等のUnity技術・プログラミングスキルをお持ちの方を対象としています。
  ※講師は現役VRプログラマーが担当します。
  また、メンターとしてVRプロデューサーが授業や課題制作をサポートいたします。


 【授業日】
  ■4月
   15(月), 17(水), 19(金), 22(月), 24(水), 26(金),
   29(月)
  ■5月
   1(水), 3(金), 6(月), 8(水), 10(金)
   ※「VRコース」では遠隔受講は実施致しません。


 【1日のスケジュール】
  (19:00~22:00) ★講義★
   先生による講義とハンズオン形式の授業を実施します。
   ※授業の終了時刻は、その日の授業内容によって多少前後します。
  (22:00~23:00) 自習時間
   授業の復習や課題制作を行ってください。
   先生も待機しています。
   ※早く習得できた人は先に帰っても構いません。


 【全体の流れ】
  1.PC型VRの開発学習
  2.スタンドアロン型VRの開発学習
  3.スマホ型ARの開発学習
  4.通信技術の知識習得
  5.卒業制作発表
  ※フェーズ毎に学んだことを活かして課題制作に取り組んでいただきます。


 【ゴール】
  実務で使える技術を習得していただき、主にビジネス向け、産業向けのPC型VR、スタンドアロン型VR、スマホ型ARの開発ができるようになること想定しています。
  本コースを修了後、VRプログラマーとして、開発現場に入ってすぐに戦力となる人材を育成します。


 【カリキュラム】

 【1〜3日目】


 ●はじめに
 ●テックスタジアム「VRコース」で学ぶ内容と目標について
 ●XRの概念や企画について
 ●PC型VRの開発学習
 ・開発環境のセットアップ(SteamVRSDK)
 ・ユーザー操作(物を掴む&投げる、ワープ移動など)
 ・別視点の出力、レンダリング解像度変更など


 【4〜6日目】

 ●スタンドアロン型VRの開発学習
 ・開発環境のセットアップ(AndroidSDK,JDK,デベロッパー登録など)
 ・ユーザー操作(ポインタ、ワープ移動など)
 ・スタンドアロン向けのTips(LoDや容量削減など)


 【7〜9日目】

 ●スマホ型ARの開発学習
 ・開発環境のセットアップ(ARCoreSDKなど)
 ・ユーザー操作(UI、物体の配置など)


 【10〜12日目】

 ●通信技術の知識習得
 ・VRを開発する上での知っておけなければいけない通信知識
 (基本原理、信頼性や負荷などの特色と使い分けなど)
 ●卒業制作

入会申し込み
Top